2017年01月12日

新曲「夜明け(残業明け)」、公開。



2017tori.png


…こんな残念なブログを見て下さった皆様、新年おめでとうございます。はっさく君 です。

今年もこんな感じでダラダラ続いていくみたいですが、何卒宜しくお願い致します(何
なんでこんなに続いてるんだろう、このブログ…。


さて。


久々の新曲を公開します。
作ったのは去年だけどね…。


「夜明け(残業明け)」 by はっさく君 (1:23)




夜明けに、太陽に光が差し込んでくるイメージしたオーケストラもどき。夜明けというものは、疲れた体と心には、とても気持ちのいいものです。



MIDIデータも公開しておきます。
元のMIDIに、とりえずGMの音色パッチだけ宛がったものです。↓

hassaku-yoake-gm.zip(ZIP圧縮してます)

あんまり参考になりませんが、ご参考までに(何



----------↓以下いつもの言い訳↓-------------


いやまあ、日の出が7時台の冬場に、陽が昇るまで残業することはまず無いんですけど。
(↑逆に夏場は日の出が早いのでよくある)


■制作環境
DAW
・Cakewalk SONAR Platinum

音源
・EastWest QL Gypsy(ソロバイオリンのみ)
・EastWest QLSO(その他全部)



とある身内のコンテスト向けに作った曲です。

制作時間は実質1週間くらいかなー。

音のアタックのタイミングとか合ってなかったり、エクスプレッションカーブの書き込みとか全然していないので後から直すつもりだったけど、なかなかモチベーションが戻らないのでもう公開しちゃいました。うーん、一度人に聞かせてしまうと、これ以上作りこむ気が無くなりますね。宜しくない…。


使用トラック
・ストリングス(VnからVcまで幅広いやつ)
・バイオリン(高音部)
・ソロバイオリン
・コントラバス
・コントラバス(ピチカート)
・トロンボーン
・ホルン
・チューバ
・フルート
・オーボエ
・クラリネット


多分、小規模編成なオーケストラ。オーケストラってどんな編成で、何人でやるのか知らないけど(←勉強しろよ)。はっさく君 の素人目(耳)には違和感ないのでこの編成でいいや。

音雲で公開する前に、せめてモワッとし過ぎているフルートとオーボエの音色(QLSO)くらいはHollywood Orchestra Woodwindsに差し替えようと思ったけど、何故かバグってしまうので諦め。うーん、なんでかなー。

QL Gypsyのソロバイオリン、鍵盤押しっぱなしにするだけで勝手にエモく鳴ってくれるので、本当にお手軽。リアルかはともかく、伴奏無しでソロさせても恥ずかしくない程に強くてエモい音源です。

シンバルとスネアのロールを入れるかどうか随分迷ったけど・・・うーん、やっぱりあった方がよかったかな?

MIXとかマスタリングとかあまり好きじゃないので、DAWでバランスだけ取ってから、SoundEngineFreeのオートマキシマイズ機能で適当に音圧を稼いでます。まあ違和感無いからいいや。(手抜き)
はっさく君 はMIDIノートを打ち込むことにDTMの喜びを感じる人です。


…しかしまあ、相変わらずの面白くない曲ですねー。
自分の知識やセンスの無さを音源の強さ、あんまり他人がやらない“オーケストラ風”という手段で誤魔化して、体裁だけ整えた感じ。
良くない環境からでも人を引き付ける曲を作る人と話すと、やはり音楽に対する造詣が驚くほど深い(あらゆる面で)。もっと色々な音楽を聴いて、色々な書籍を読んで、色々な人の話を聞いて知識をつけていかないと。精進精進。


yoake-piano-roll.png
↑今回のピアノロール。今回、エクスプレッションカーブを全然描いてないのがモロバレ。



posted by はっさく君 at 00:43| Comment(0) | DTM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

102氏&サイレンティスト氏作「ミッドナイトポーンローバー」のアレンジ曲を作ってみました。


こんな更新されないブログを見て下さっている不幸な皆様、どうもこんにちは。

最近あまりにも忙しいので、どうせ残業代なんて出ないけど 試しに7月度の時間外労働を計算してみたら 280時間 超えてて乾いた笑いが出た はっさく君 です。


そんな中、曲を作ってみました。といっても人様の曲のアレンジですが。
日曜日はともかく、平日2時3時に帰ってきてからDAW立ちあげるのは、なかなかの苦行だったぜ…。


■「ミッドナイトポーンローバー・オーケストラアレンジ」 (3:20)



原曲作曲:102氏 https://soundcloud.com/102ch
原曲作詞:サイレンティスト氏 https://soundcloud.com/silentist
オーケストラアレンジ:はっさく君


格好良くもネタに溢れたこのロック曲を、健全かつオーケストラ風にアレンジしてみました。
原曲の意向は完全無視(ゴメンナサイ)。大事なところ(Cメロ)はどこに消えた…。


原曲はこちら。とても大人な(?)ロックです。↓





102様、サイレンティスト様、今回アレンジの公開許諾を頂き有難うございました。



------(以下、いつもの言い訳とか。読む必要無し)------

なんかパターン化してる気がする、なんちゃってオーケストラアレンジです。
短いので一度ループさせてます。

原曲では重要だったCメロがまるごと抜けているのは・・・素で忘れてました(汗
実はアレンジが完成するまで原曲を聴かず、結構前に聴いた記憶だけをもとにアレンジしてまして。途中で抜けに気付いたけど、アレンジがかなり進んでしまった為に戻せなかったという…。他にも同じ理由で原曲とはかなりの相違点があります。いや、原曲聴けよ。


■使用DAW
・cakewalk SONAR PLATINUM

■使用音源
・EastWest QL Gypsy(ソロバイオリンのみ)
・EastWest QLSO(他全部)

■使用楽器パート

・ソロバイオリン(所々のメロディライン)
・トレモロなバイオリン系ストリングス(後半部分)
・普通なバイオリン系ストリングス×2(後半の補強・バッキング的な)
・ビオラ系ストリングス(前半のバッキング的な)
・ピチカートなコンバス(前半のベースライン、ボンッ、ボンッ♪)
・普通なコンバス(後半のベースライン、ボ〜、ボ〜♪)
・ハープ(後半のポロロン、ポロロン)

・トランペット(後半メロディの一部)
・トロンボーン(ホワーン♪)
・ホルン(終盤のホワーン♪)
・チューバ(一部のベースライン補強、モー、モーモーモーモー♪)

・フルート(主にメロディ)
・オーボエ(メロディラインのハモリ的な)

・シロフォン(木琴、前半のメロディ補佐)
・グロッケン(キーン、キンキンキンキーン♪)
・チャイム(のど自慢でお馴染み、カーン、コーン♪)
・ティンパニ(ダダン、ダダダダダン♪)
・大太鼓(ドーン、ドーン♪)
・スネアドラム(タンツツタン、タタタタタン♪)
・シンバル(シュワワ〜〜ン♪)
・ウィンドチャイム(シャララ〜〜、キラキラ〜〜♪)

■その他

制作にかかった時間は、構想に1日程、MIDIの打ち込みは3日くらいで大体の形が出来て、その後10日程かけて気付いたところを色々修正。仕事が忙しくて、1日あたりの作業時間はかなり短め。
MIXは大枠のMIDIが出来た時点から、打ち込みと同時進行かつテキトーに。はっさく君 はMIXなんかより、MIDIノートの打ち込みに悦びを感じる人です。ちなみにモニター環境はヘッドフォン。

MIDIサンプルとかWAVサンプルとかは一切使ってません。原則MIDI鍵盤にて打ち込み。
重要な部分は1ノート単位でマウスで調整するけど、それ以外は割とがっつりクォンタイズかける人。

SoundEngineFreeのオートマキシマイズ機能で適当に音圧を稼いでます。
DAWでバランスだけ取って、平均音量15dB設定でオートマキシマイズを掛けました。超手抜き。

リズム楽器含め、全23パート。本気でDTMでオーケストラやる人は50トラックとか普通に使うらしいです。はっさく君 には無理。

原曲の強烈なインパクトに負けないように、Aメロは迫力重視で作ってみました。(ドーン!ドーン!って感じで)
でも原曲のインパクトには勝てそうにありません。

ホルンとトロンボーンって違いがよく分からないのですが、お互いこんな感じの立ち位置で良いのですかね?

前半の木琴の連打は、1音1音マウスでMIDI入力。自然に聞こえるかなー。

もしMIDIデータとか欲しい方がいれば、メール等でその旨連絡頂ければ差し上げますよー。


聴いてて楽しい曲を作れるようになりたいなー。


midnight01.png



posted by はっさく君 at 23:14| Comment(0) | DTM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

新曲「岩山フィールド」、公開。



年の瀬にこんな残念なブログを見てしまった不幸に皆様、こんにちは。 貧乏壊社員・はっさく君 です。

中小企業勤めの はっさく君 にも小額ながらボーナスが支給されたので、調子に乗ってクリスマスセール中のnexus2なんか買ってしまいました。 …トランスなんて分からないし、セールだからって劇的に安くなったわけでもないのに。

nexus2-01.png
↑nexus2(の箱)。Google製スマホではない。

でも、11月のブラックフライデー&サイバーマンデーより、賞与支給後のクリスマスセールの方が財布の紐が緩んでしまうのは はっさく君 だけではあるまい。
そしてウチの会社では

「賞与は社長様から我々社員への御配慮(報酬にあらず)、社長様に深く感謝すべし」

と教育されます。社畜教育…。


…さて。


新曲を公開しました。


「岩山フィールド」by はっさく君 (2:37)



RPGのフィールドBGMのような、疾走感ある曲を作ってみました。
風の吹き荒ぶ岩山を、主人公達が駆け抜けるイメージです。

…別に緑溢れる森でもいいんだけど。



------------------↓以下、言い訳とか独り言とか。↓------------------


使用DAWはいつもの SONAR X3 Producer。
SONAR上で作って、バランスだけ取って、最後にSoundEngineFreeのオートマキシマイズで無理矢理音圧稼いでます。(超手抜き)

自力打ち込みオンリー。アルペジエーターやWAV素材等は使いません。御玉杓子を並べることこそが、はっさく君 がDTMをする上での悦び(何)。でも、QL Gypsyの音色はめっちゃ癖が強いから、一音一音がWAV素材みたいなものじゃないかな…。

アイデアは1年前からありました。作り始めたのは先月からですが。
曲の制作にかかった時間は、途中ほったらかした期間を除けば実質2週間くらい。
でも今回、作りこみは割と。MIXとかフェードアウトの仕方とかエクスプレッションカーブの書き込みとか、あんまり時間を掛けてません。
春に作った「迷いと悲しみのオーケストラ」の方が何倍も手が込んでいるけど、今回の曲の方が作ってて楽しかったのは何故だ。

トラック構成↓
1. シンバル類 (QLSO)
2. ティンパニ (QLSO)
3. チャイム (QLSO)
4. グロッケン (QLSO)
5. シロフォン (QLSO)
6. マリンバ (QLSO)
7. ピアノ (QLSO)
8. ハープ (QLSO)
9. 1stバイオリン (QL Gypsy)
10. 2ndバイオリン (QL SoloViolin)
11. 1stバイオリン(ソロ用) (QL Gypsy)
12. ビオラ (QLSO)
13. セロ (QLSO)
14. コンバス(ピチカート) (QLSO)
15. ホルン (QLSO)
16. オーボエ (QLSO)
17. フルート(バッキング?用) (QLSO)
18. フルート(ハモリ?用) (QLSO)

全18パート。はっさく君 の足りない頭が混乱しそうです。真面目にDTMでオーケストラやる人は30パートとか50パートとか普通に使うらしい。うわぁ。

使った音源はQLSOをメインに、バイオリンだけQL GypsyQL SoloViolinで強化。
QL GypsyとQL SoloViolinのバイオリンの音がとても良いので、QLSOのビオラやチェロがつられて良い音に聞こえます。(←錯覚)

シロフォンとマリンバと木管で、こういうシーケンスフレーズ(?)を重ねると、なかなか良い感じになりますよね。これがやりたくてこの曲を作ったようなものです。
ここのフルートは元々リコーダーのイメージだったのですが、イメージに合うリコーダー音色が無く。仕方なくショート系のフルート音色を使ったら、それに合わせて曲全体が壮大系のアレンジに…。アディエマスが使うようなふわっとしたリコーダー音色、どこかに安く売ってないかなー。

色々足りていないとは強く感じるけど、具体的に何が足りないのか良く分からん…。
音楽理論とか真剣に勉強すれば、その辺も見えてくるのかな?


iwayama1.png
↑実は弦楽器にエクスプレッションを殆ど使っていないAメロ。
でも、ベタ打ちでこれだけ抑揚が付いてるのは、バイオリン音源が強いから。


posted by はっさく君 at 00:58| Comment(0) | DTM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする