2016年08月12日

SoundsOnline、お盆のセール中。



お盆にこんなブログを見て下さっている不幸な皆様、こんにちは。
お盆休みが実質2日間だけの はっさく君 です。ちょっと短いなー。


さて。

SoundsOnline/EastWestセール中です。

sosale160812.png

購入ページ↓
http://www.soundsonline.com/Hollywood-Orchestra


なんか燃えてますね…(汗

今回は、Hollywood Orchestra(弦・金管・木管・打楽器4点セット)のセールで、

・ダイヤモンド版が通常販価699ドルのところを599ドル
・ゴールド版が通常販価499ドルのことろを399ドル
・シルバー版が通常販価299ドルのことろを249ドル

と値引きされています。

(ちなみに定価はそれぞれ932ドル665ドル399ドル。この値段で売られたことは無いけど)

>セール時に見比べる為に、EastWest製品の普段の販売価格を表にまとめた記事


セール期間は4日間・・・とだけ書かれています。例によって明確な開始or終了日の記述が無いですが、仮にメールが来た今日が開始日だとすると、2016年8月15日迄かな?

Hollywood Orchestra は、QLSO のようにお手軽に使えないし、またこれ1つだけで完結できる音源でもありませんが、音質は間違いなく上です。
一時に比べると随分円高になりましたし(1ドル102円くらい?)、音源のクオリティアップを考えてる方はこの機会にどうでしょう?


なお、このセールに関し、EastWest製品の国内販売代理店(ハイリゾ社)は無反応。ダイヤモンド版だとサウンドハウスの限定特価(笑)13.5万円(税抜)もするので、EastWestの本家SoundsOnlnineでの購入をお勧めします。どうせソフトが日本語化されてる訳でもなく、今の為替だと日本国内の半額で買えちゃいます。サポートはもちろん、アメリカの本家(英語)になりますが…。



…さて、はっさく君 はこれから地元関西に向けて帰省の8時間のロングドライブ。帰省ラッシュを避けるために深夜に走ります。仕事あるから15日の早朝には戻って来るんだけどね…。もっと休み欲しいよー(涙


※注:このブログはEastWestとは何の関係もない個人ブログです。実際のご購入は自己責任でー。(お約束)


<2016.9.4.追記>
このセールは終了済みです。



posted by はっさく君 at 22:20| Comment(0) | セール関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

102氏&サイレンティスト氏作「ミッドナイトポーンローバー」のアレンジ曲を作ってみました。


こんな更新されないブログを見て下さっている不幸な皆様、どうもこんにちは。

最近あまりにも忙しいので、どうせ残業代なんて出ないけど 試しに7月度の時間外労働を計算してみたら 280時間 超えてて乾いた笑いが出た はっさく君 です。


そんな中、曲を作ってみました。といっても人様の曲のアレンジですが。
日曜日はともかく、平日2時3時に帰ってきてからDAW立ちあげるのは、なかなかの苦行だったぜ…。


■「ミッドナイトポーンローバー・オーケストラアレンジ」 (3:20)



原曲作曲:102氏 https://soundcloud.com/102ch
原曲作詞:サイレンティスト氏 https://soundcloud.com/silentist
オーケストラアレンジ:はっさく君


格好良くもネタに溢れたこのロック曲を、健全かつオーケストラ風にアレンジしてみました。
原曲の意向は完全無視(ゴメンナサイ)。大事なところ(Cメロ)はどこに消えた…。


原曲はこちら。とても大人な(?)ロックです。↓





102様、サイレンティスト様、今回アレンジの公開許諾を頂き有難うございました。



------(以下、いつもの言い訳とか。読む必要無し)------

なんかパターン化してる気がする、なんちゃってオーケストラアレンジです。
短いので一度ループさせてます。

原曲では重要だったCメロがまるごと抜けているのは・・・素で忘れてました(汗
実はアレンジが完成するまで原曲を聴かず、結構前に聴いた記憶だけをもとにアレンジしてまして。途中で抜けに気付いたけど、アレンジがかなり進んでしまった為に戻せなかったという…。他にも同じ理由で原曲とはかなりの相違点があります。いや、原曲聴けよ。


■使用DAW
・cakewalk SONAR PLATINUM

■使用音源
・EastWest QL Gypsy(ソロバイオリンのみ)
・EastWest QLSO(他全部)

■使用楽器パート

・ソロバイオリン(所々のメロディライン)
・トレモロなバイオリン系ストリングス(後半部分)
・普通なバイオリン系ストリングス×2(後半の補強・バッキング的な)
・ビオラ系ストリングス(前半のバッキング的な)
・ピチカートなコンバス(前半のベースライン、ボンッ、ボンッ♪)
・普通なコンバス(後半のベースライン、ボ〜、ボ〜♪)
・ハープ(後半のポロロン、ポロロン)

・トランペット(後半メロディの一部)
・トロンボーン(ホワーン♪)
・ホルン(終盤のホワーン♪)
・チューバ(一部のベースライン補強、モー、モーモーモーモー♪)

・フルート(主にメロディ)
・オーボエ(メロディラインのハモリ的な)

・シロフォン(木琴、前半のメロディ補佐)
・グロッケン(キーン、キンキンキンキーン♪)
・チャイム(のど自慢でお馴染み、カーン、コーン♪)
・ティンパニ(ダダン、ダダダダダン♪)
・大太鼓(ドーン、ドーン♪)
・スネアドラム(タンツツタン、タタタタタン♪)
・シンバル(シュワワ〜〜ン♪)
・ウィンドチャイム(シャララ〜〜、キラキラ〜〜♪)

■その他

制作にかかった時間は、構想に1日程、MIDIの打ち込みは3日くらいで大体の形が出来て、その後10日程かけて気付いたところを色々修正。仕事が忙しくて、1日あたりの作業時間はかなり短め。
MIXは大枠のMIDIが出来た時点から、打ち込みと同時進行かつテキトーに。はっさく君 はMIXなんかより、MIDIノートの打ち込みに悦びを感じる人です。ちなみにモニター環境はヘッドフォン。

MIDIサンプルとかWAVサンプルとかは一切使ってません。原則MIDI鍵盤にて打ち込み。
重要な部分は1ノート単位でマウスで調整するけど、それ以外は割とがっつりクォンタイズかける人。

SoundEngineFreeのオートマキシマイズ機能で適当に音圧を稼いでます。
DAWでバランスだけ取って、平均音量15dB設定でオートマキシマイズを掛けました。超手抜き。

リズム楽器含め、全23パート。本気でDTMでオーケストラやる人は50トラックとか普通に使うらしいです。はっさく君 には無理。

原曲の強烈なインパクトに負けないように、Aメロは迫力重視で作ってみました。(ドーン!ドーン!って感じで)
でも原曲のインパクトには勝てそうにありません。

ホルンとトロンボーンって違いがよく分からないのですが、お互いこんな感じの立ち位置で良いのですかね?

前半の木琴の連打は、1音1音マウスでMIDI入力。自然に聞こえるかなー。

もしMIDIデータとか欲しい方がいれば、メール等でその旨連絡頂ければ差し上げますよー。


聴いてて楽しい曲を作れるようになりたいなー。


midnight01.png



posted by はっさく君 at 23:14| Comment(0) | DTM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする