2015年12月25日

新曲「岩山フィールド」、公開。



年の瀬にこんな残念なブログを見てしまった不幸に皆様、こんにちは。 貧乏壊社員・はっさく君 です。

中小企業勤めの はっさく君 にも小額ながらボーナスが支給されたので、調子に乗ってクリスマスセール中のnexus2なんか買ってしまいました。 …トランスなんて分からないし、セールだからって劇的に安くなったわけでもないのに。

nexus2-01.png
↑nexus2(の箱)。Google製スマホではない。

でも、11月のブラックフライデー&サイバーマンデーより、賞与支給後のクリスマスセールの方が財布の紐が緩んでしまうのは はっさく君 だけではあるまい。
そしてウチの会社では

「賞与は社長様から我々社員への御配慮(報酬にあらず)、社長様に深く感謝すべし」

と教育されます。社畜教育…。


…さて。


新曲を公開しました。


「岩山フィールド」by はっさく君 (2:37)



RPGのフィールドBGMのような、疾走感ある曲を作ってみました。
風の吹き荒ぶ岩山を、主人公達が駆け抜けるイメージです。

…別に緑溢れる森でもいいんだけど。



------------------↓以下、言い訳とか独り言とか。↓------------------


使用DAWはいつもの SONAR X3 Producer。
SONAR上で作って、バランスだけ取って、最後にSoundEngineFreeのオートマキシマイズで無理矢理音圧稼いでます。(超手抜き)

自力打ち込みオンリー。アルペジエーターやWAV素材等は使いません。御玉杓子を並べることこそが、はっさく君 がDTMをする上での悦び(何)。でも、QL Gypsyの音色はめっちゃ癖が強いから、一音一音がWAV素材みたいなものじゃないかな…。

アイデアは1年前からありました。作り始めたのは先月からですが。
曲の制作にかかった時間は、途中ほったらかした期間を除けば実質2週間くらい。
でも今回、作りこみは割と。MIXとかフェードアウトの仕方とかエクスプレッションカーブの書き込みとか、あんまり時間を掛けてません。
春に作った「迷いと悲しみのオーケストラ」の方が何倍も手が込んでいるけど、今回の曲の方が作ってて楽しかったのは何故だ。

トラック構成↓
1. シンバル類 (QLSO)
2. ティンパニ (QLSO)
3. チャイム (QLSO)
4. グロッケン (QLSO)
5. シロフォン (QLSO)
6. マリンバ (QLSO)
7. ピアノ (QLSO)
8. ハープ (QLSO)
9. 1stバイオリン (QL Gypsy)
10. 2ndバイオリン (QL SoloViolin)
11. 1stバイオリン(ソロ用) (QL Gypsy)
12. ビオラ (QLSO)
13. セロ (QLSO)
14. コンバス(ピチカート) (QLSO)
15. ホルン (QLSO)
16. オーボエ (QLSO)
17. フルート(バッキング?用) (QLSO)
18. フルート(ハモリ?用) (QLSO)

全18パート。はっさく君 の足りない頭が混乱しそうです。真面目にDTMでオーケストラやる人は30パートとか50パートとか普通に使うらしい。うわぁ。

使った音源はQLSOをメインに、バイオリンだけQL GypsyQL SoloViolinで強化。
QL GypsyとQL SoloViolinのバイオリンの音がとても良いので、QLSOのビオラやチェロがつられて良い音に聞こえます。(←錯覚)

シロフォンとマリンバと木管で、こういうシーケンスフレーズ(?)を重ねると、なかなか良い感じになりますよね。これがやりたくてこの曲を作ったようなものです。
ここのフルートは元々リコーダーのイメージだったのですが、イメージに合うリコーダー音色が無く。仕方なくショート系のフルート音色を使ったら、それに合わせて曲全体が壮大系のアレンジに…。アディエマスが使うようなふわっとしたリコーダー音色、どこかに安く売ってないかなー。

色々足りていないとは強く感じるけど、具体的に何が足りないのか良く分からん…。
音楽理論とか真剣に勉強すれば、その辺も見えてくるのかな?


iwayama1.png
↑実は弦楽器にエクスプレッションを殆ど使っていないAメロ。
でも、ベタ打ちでこれだけ抑揚が付いてるのは、バイオリン音源が強いから。


posted by はっさく君 at 00:58| Comment(0) | DTM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月06日

プリウス、GT参戦終了。



最近あんまり更新されない当ブログを見てしまった不幸な皆様、こんにちは。
ヒートテック股引と共に冬の訪れを感じる はっさく君 です。


相変わらずのとっても遅い情報ですが。


このブログで何度も取り上げている“超速いプリウス”ことプリウスGTが、


プリウスGT↓
2015gt2-fuji21.png


なんと、今期をもって参戦終了であることが発表されました。(涙


>チームの発表



プリウスGTとは、国内では最も人気のあるレースシリーズであるスーパーGTのGT300クラスに参戦する、エコカー・プリウス魔改造したレーシングカー。


prius.png
↑これはノーマルなプリウス。


エコカーなのに500馬力以上を発生する3.4LのV8エンジンミッドシップ(運転席の後ろ)に搭載するというゲテモノ・・・もとい、浪漫のカタマリ


tgrf14-13.png
↑運転席後部のエンジンカウルを開けた図。ここ(後ろ)にエンジン積んでます。


フォーミュラニッポンでも使われたプリウスのレース専用エンジンは、サーキットでは素晴らしいエキゾーストを奏でていました。(何かがおかしい…)


プリウスのサウンド。↓






一応プリウスなので、もちろんハイブリッド車


プリウスGTのPRIUSエンブレム
↑はいぶりっど・しなじー・どらいぶ。


そのハイブリッドシステムは燃費だけでなく、加速でも有利に働いたようです。
トヨタの開発の実証試験を兼ねていたらしく、部分はアクア、プリウスα、カムリハイブリッドといった市販ハイブリッド車のパーツを改造して使用。ま、後半はキャパシタとか超絶レース仕様品も使ってたようですが。


プリウスGTの運転席周り
↑コックピットの中。


参戦初年度から表彰台に上り、2年目には初優勝
速さはあるものの、トラブルによるリタイアが非常に多いクルマでしたが、年を追う毎に速さと信頼性を上げ、4年目の今年はランキング2位、優勝2回という素晴らしい成績を上げています。


2015gt8-motegi07.png


「プリウスとは名ばかりの別物だ!」・・・という意見も多く聞かれましたが(ま、普通に別物にしか見えませんが)一応プリウスという名のクルマが、フェラーリだとかポルシェだとかGT-Rといったスーパーカーを追い抜いていくことを痛快に感じた人も多いはず。(はっさく君 だけ?)


>スーパーGT公式のマシン詳細ページ


2012年型。
プリウスGT その1


2013年型。
TGRF2013のプリウスGT


2014年型。
tgrf14-09.png


2015年型・・・の後ろ。
2015gt2-fuji22.png


ちなみに はっさく君 的には2012年の青黒カラーが好き。



先日 はっさく君 が現地で観たツインリンクもてぎ戦の優勝が、最後のレースだったのですね…。


2015年最終戦で優勝した時の表彰式
2015gt8-motegi05.png


来期の後継車について、チームであるaprからの発表はまだありません。
ま、aprは過去にもカローラアクシオとかガライヤとか、どっちかというとゲテモノなクルマで参戦しているので、またインパクトのあるクルマで参戦してくれる事を期待してます。
この冬発売の“新型”プリウスでもいいし、レクサスが市販を目指して開発中のLF-LCなんてハイブリッド車だし、面白そう。(妄想)



最後に。


ポリフォの山内さん、グランツーリスモへのプリウスGTの収録、まだ?(怒

(参戦開始が同じ2012年のBRZは収録済み…)



↓プリウス(GT2014年式)1/43スケール精密モデル(5,000円で購入)
プリウスGT精密モデル



<2016.1.11.追記>
結局、新型プリウス(50型プリウス)で参戦するようです。



posted by はっさく君 at 23:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする