2015年11月16日

スーパーGT2015・最終戦茂木を観戦してきました。



こんな残念なブログを見て下さっている皆様、こんにちは。
洗車すると雨に降られる はっさく君 です。ま、ガソリンスタンドの機械洗車ですが。


さて。

今日、栃木県にあるレース場・ツインリンクもてぎ に、スーパーGT生観戦に行ってきました。(決勝日のみ)


2015gt8-motegi01.png



スーパーGTを生観戦するのは、これが2回目。
以前行った富士では パドックパス、ピットウォーク、グリッドウォーク、指定席 と、チケット関係だけで2.5万円弱使ってしまったので、今回は質素に自由席(自由観戦エリア)での観戦です。これなら駐車代を含めても6,700円。ああ貧乏人。

今回は航空自衛隊のブルーインパルスの展示飛行もあるということで、大変楽しみにしていました。


レースの見所として、GT500でカルソニックのGT-Rと、ニスモのGT-Rが、2ポイントの僅差でチャンピオン争いをしていますが、はっさく君 の興味は、やはりプリウスGTの走りなのです。


プリウスGT(第二戦富士で撮影)↓

2015gt2-fuji22.png


一応、知らない人の為に…

まず、スーパーGTとは、日本で最も人気のある(多分)改造車(建前)のレースカテゴリ。年間8戦(基本国内)し、獲得ポイントの合計でタイトルが決まります。
クルマの性能の規定で速いクラス(GT500)と遅いクラス(GT300)に分けられていて、別々にチャンピオンシップが争われますが、レースでは2つのクラスは入り混じって走ります。
そしてプリウスGTはGT300クラスに参戦しています。プリウスなのに妙にいかつかったり、プリウスなのにV8・3.4Lのレース専用エンジンを積んでいたり、プリウスなのにミッドシップだったり、そもそも名前と外見以外プリウスじゃなかったりしますが、このゲテモノ感と、ただゲテモノなだけじゃない本物の速さから、動向を追うようにしています。

しかも前日の予選でプリウスは1位、ポールポジション。これは期待が膨らむというものです。


レース場は基本的に山の中にあるものですが、ツインリンクもてぎはなかなか筋金入りの田舎っぷりです。水戸ICを降りてかすぐの山間部を、早朝に1時間ほど走ったのですが、レース場に着くまで開いてたお店なんてコンビニ3軒くらい(汗


朝9時から練習走行が始まったので最終コーナー付近から観戦します。
茂木は指定席取らなくても、結構いい場所から観れるんですね。自由観戦エリアが高台にあるので、長くクルマを目で追いかけられます。

2015gt8-motegi02.png


そして雨の中、プリウスは1番手タイム!
ますます期待が膨らみますが、第二戦の富士では同じ状況で、決勝ではタイヤで苦しんで4位だったんだよね…。


前座レースのF4も見つつ…


決勝開始時間が近付き、スターティンググリッドにマシンが並びます。ポールポジションのプリウスは、恒例の初音ミクの歌(八王子P作)の中、遅れて1台の単独走行(ドヤ顔)。一昨年までのフォーミュラニッポン等のマシンと同じ、V8エンジンの甲高いエキゾーストが、レース場に響き渡ります。うん、プリウスの音じゃないね…。

これは決勝ですが…↓



自由席から見た、グリッドウォーク中の光景。はっさく君 は富士であんな中に突入したのか…。

2015gt8-motegi06.png


13:20からブルーインパルスの展示飛行が始まりました。
前日は雨で中止になったし、今日もまだ曇っているので心配していたのですが、無事飛んでくれてよかった・・・と思いきや、飛行機の音は聞こえるけど雲で全然見えないじゃないか!


アナウンス「ブルーインパルスは天候不良の為、中止します。」


がっくり。ま、残念だけど無理もありません。

その後普通に晴れたんだけど、仕方ないよね。

来年とかで来てくれないかな…。


パレードランを経て決勝が始まります。


パレードランを先導する、栃木県警・フェアレディZとNSXのパトカー
こんなのに追いかけられたら、まず逃げられないな…。

2015gt8-motegi04.png

スタート直前に雨が降ったりしましたが、首位プリウスGTは2位とのギャップを広げながら、順調に周回重ねていきます。
ところが、レースも後半に入り、完全に独走態勢に入っていたところで、他車のアクシデントでセーフティーカーが。

ピット作業のタイミングを遅らせていたプリウスは、ピット作業に十分すぎるギャップを築いていたものの、これがセーフティーカーによりゼロになってしまいました。プリウス側としては順風満帆そのものだった中で晴天の霹靂。せっかく積み重ねたギャップを失ってしまったプリウスは、ピット作業中にライバル達に前に行かれてしまいました。はっさく君 はほぼ最下位まで落ちるかなと思ったのですが、幸い4位までのダウンで済んだ模様。

しかし、その後怒涛の追い上げを見せ、再びトップに返り咲き、そのままチェッカー! ああ、嬉しいけど心臓に悪い。
年間タイトルこそ逃したものの、優勝で1年を締めてくれました。おめでとうございます。

2015gt8-motegi05.png



ところでプリウスGT、来年のGTも出てくれるのかな?
気になるところです。


出るならやはり、この新型の形↓になるのだろうか…。

tms15-08.png






posted by はっさく君 at 01:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月10日

東京モーターショー2015に行って来ました。



相変わらず放置気味な当ブログを見てしまった不幸な皆様、こんにちは。はっさく君 です。

スーパーGT第7戦オートポリス。GT300クラスは最終戦を待たずしてチャンピオンがGAINERのGT-Rのクート氏に決定してしまいました…。我等がプリウスGTはアクシデントに見舞われ悲運のノーポイント。ホント、予選も決勝も速かったんだけどね…。
次の最終戦は、去年2位だった茂木です。今年のプリウスGTは、速いだけでなく本当に“強い”です。はっさく君 も現地に観に行く予定なので、絶対に優勝して欲しいですね。


さて。


東京モーターショー2015に行って来ました。


tms15-00.png



はっさく君 が行ったのは最終日。その時の はっさく君的トピックスです。



マツダの呪縛 ・・・もとい、“魂”である、

“ロータリーエンジン”を積むスポーツコンセプト車・MAZDA RX-VISIONの実物が、



tms15-01.png



と ん で も な く

tms15-02.png





美しかった!!


tms15-03.png



…というのを言いたいだけの為に、今回のブログ記事を書いてみました。(何


これの実物を見て、あまりの美しさに ほけーーー(゚o゚)、と見蕩れてしまったのは はっさく君 だけではあるまい。クルマにここまで魂抜かれたのは初めて。ニュースサイトでこのクルマの写真を沢山見たけど、実物ははるかに格好良かったです。全長4,389mm×全幅1,925mm×全高1,160mmとのことですが、低いのと色のせいか、横から見ると割と小さく見えますね…。

まだ詳しいことは全然分からない(てか決まってない?)コンセプトカーですが、是非この格好良さを保ったまま市販化して欲しいですね。絶対高くて買えないけど(涙



RX-VISIONだけでも東京モーターショーに来た甲斐がありましたが、他にもわくわくするクルマがたくさん。




メルセデスベンツ・AMG GT3。来年のスーパーGTで見れるかな?

tms15-04.png


アウディブースは、何故かイケメン揃い。

tms15-05.png


グランツーリスモと日産のコラボ、日産Concept 2020 Vision Gran Turismo
艶消しレッドのボディが、ゲームで見るより格好いいです。

tms15-07.png


ホンダ・新型NSX。格好いいけど、さすがに見慣れた感が…。

tms15-06.png


わくわくしないけど、トヨタ・新型プリウス
顔が少しキツくなりましたが、やっぱり普通でした。実用性だけ考えたら非の打ち所が無いし、売れるんだろうなー。数年後にはウチの職場の社用車になってそう…。

tms15-08.png



これは・・・八岐大蛇(やまたのおろち)…?

tms15-09.png

(三菱ふそう スーパーグレートV スパイダー(参考出展))




posted by はっさく君 at 02:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする