2015年10月24日

SoundsOnline、HollywoodOrchestra“金”も75%OFFセール中。



ちょっと肌寒いくらいの、でも過ごしやすい日々が続いている今日この頃、こんな残念なブログを見て下さっている不幸な皆様は如何お過ごしでしょうか。どうもこんにちは、はっさく君 です。

突然ですが、はっさく君 の部屋に、ついにエアコンが付きました。

はっさく君 は今のアパートの部屋に越してきて10年近く、エアコン無しの生活をしてきました。勤め先が転勤の多い会社だし、付けた後に転勤になったらもったいないし。でもいつになっても転勤しそうにない (仕事の出来ない奴ほど転勤しにくいものだ) ので、今月頭に一身発起、ついにエアコンを導入してみました。

…この気候のせいで取付時にテスト運転したきり、一度も稼動してませんが



eakontinmoku.png


もったいない。 …てかこれが転勤フラグにならないことを祈る。



さて。


EastWest/SoundsOnlineセールやってますね。
サイトのトップ画面には出ていないけど、メールが届いていました。



sosale151023b.png

Hollywood Orchestra
http://www.soundsonline.com/Hollywood-Orchestra

今回のセールにはかなり驚いています。

オーケストラ向け音源、EastWest Hollywoodシリーズ4タイトル(Strings、Brass、Orchestral Woodwinds、Orchestral Percussion)が全部入ったパック「Hollywood Orchestra」が割引されているのですが…

最上位グレードである“Diamond”が80%OFF(599ドル≒7万5千円)になっているのに加え、

今回はその中間グレードである“Gold”も75%OFF(399ドル≒5万円)となっているのです。(ダウンロード版のみ)


(というか、唯でさえ、ほとんどのソフトが常時50%引きになってますが…(汗))

sosale151023a.png


Diamond版のみ80%OFFセールは過去にもありましたが、Gold版がここまで大きく値引きされたのは今回が初めて!
EastWestの月額料金制のComposerCloudを除き、これまでで最も安くGold版を買えるセールになります。

Gold版で大幅値引きというのは、特に はっさく君 のようなライトユーザー層にとって、なかなか意味のあることだと思うのです。

というのも、その重さには定評(?)のあるEastWest音源の中でも、Hollywoodシリーズは特に重たいソフト。この最上位グレードのDiamond版となると、ライブラリ容量だけみても約680GBこんな重量級ソフトを軽快に動かす為には結構なスペックのパソコン、特に大容量のSSDが必要。HDDならともかく、高価な手持ちのSSDで680GB分もの空きを作れるなんて人はまずいません。よって多くの場合新たに購入することになります。そして500GBクラスの大容量SSDは安くても2万円以上、それが2台! ソフト代に加えてこれだけの追加投資となると、DTMライトユーザーの趣味で使うには少し敷居が高め。

しかし、Gold版なら容量たったの(?)100GB。重いには重いのですが、このくらいなら空きを作れるかもしれないし、仮に240GBのSSDを買ったとしても1万円少々。当然機能は限定されますが、ライトユーザーであっても、かなり現実的な選択肢なってきます。

ライトユーザーである はっさく君 も、そんな理由でGold版を選択しました(弦、金管、木管をCCC2で購入)。今のところ、Gold版にしたことで特別困ったことは無いかな。時々、無駄にMAINマイクを使いたくなる衝動に駆られるけど…。



セール期間2015年10月23日から4日間のみ。ま、EastWestのことだから、期間過ぎてもしばらく終わらないんだろうなー、と思いつつ。

Hollywood Orchestraに興味がある人には、かなり大きなチャンスではないでしょうか。



なお、このセールはEastWestのアメリカ本家サイトSoundsOnline限定のもので、日本国内の楽器店等での購入には適応されません。

SoundsOnlineでの買い方は、このページが多少参考になるかも。↓

>過去に買ったときの記事



※注: このブログはEastWest/SoundsOnlineとは何の関係も無い、DTM初心者 はっさく君 の個人ブログです。

でもねー。

Gold版の100GBに“たったの”とか書いてるあたり、もうEastWestに染まりきってるなー、と…(涙



<2016.2.11. 追記>
このセールは終了済みです。



posted by はっさく君 at 03:17| Comment(4) | セール関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

激安インサイドワゴンを買ってみました。



こんな残念なブログを見て下さった不幸な皆様、こんにちは。
最近、デスク周りの改装に凝っている はっさく君 です。貧乏なので安物しか買えませんが…。


先日、ニトリのフリーデスクを買いましたが。

>その時の記事

広くなった机とともに、広くなってしまった足元(デスク下)があまりに寂しいので、デスク下に収めるインサイドワゴンを買ってみました。

広くなった足元↓
nitori09.png


ニトリで家庭用のワゴンを探しても、小さかったりA4サイズが収まらなかったりと、あまりいい物がなかったので、会社の事務所で使うようなOAデスク用インサイドワゴンを買ってみたので、なんとなく記事にしてみます。

デスク下が寂しい人に参考になるかもしれない。ならないかもしれない。


買ったのは中国製のオフィス家具を取り扱う「カグクロ」の激安系インサイドワゴン。


↓カグクロ 3段スチールワゴン
wagon01.png

http://www.kagukuro.com/sidewagon/side_new/

税抜きで8,900円。多分OAデスク用と銘打つインサイドワゴンとしては、激安ワゴンの中でも多分これが最安値じゃないかな?
ちなみにコクヨとか岡村製作所といった国内大手メーカー製だと、新品だと2万円強(高っ!?)


デスク下に収めた図。↓

wagon02.png


製品についての詳しい説明はカグクロの製品紹介ページで見ていただくとして。

パッと見ただけだと普通
サイズも奥行き以外はミリ単位で国内大手メーカー製とほぼ同じ。

外寸:W394×D550×H616
上段内寸:W318mm×D420mm×H64mm
中段内寸:W318mm×D420mm×H157mm
下段内寸:W318mm×D487mm×H255mm


…が、仕事で国内有名メーカー製を使い慣れた人なら、触れた瞬間にその安っぽさは分かります。色々と。

例えば、

・引き出しの開閉がスマートでなく、不自然に軽く、常にシャラシャラと擦ってる感じがしたり。
・天板や引き出し正面にも樹脂のカバー等は無く、製品の外装全面が薄〜い鉄板でできているので、凹んだり錆びたりしそうだったり。(長く使うと、よく触れる部分の塗装が剥げて錆びてきますからね…)

とはいえ、それら価格ゆえのチープさに目を瞑れば、実用性は国内大手メーカー製と変わりません。そりゃあ、サイズも機能も同じですしねー。

下段には、ちゃんとA4インナーボックスがジャストサイズで入りました。目一杯書類を詰めても開け閉めは苦にならず。この辺の実用性が、安価な(←ここ重要!)家庭用家具には求められない、オフィス家具のいいところ。

wagon03.png


溜まってた書類関係も綺麗に収納できるようになったし、何よりも安かったし、買って良かったかな?




余談ですが。

デスク下にインサイドワゴンを置いたことにより、もともとデスク下に置いていたパソコン本体の置き場が変わったのですが。
それにより、これまで使って たケーブル類が軒並みパソコンに届かなくなり、長いfirewireケーブル、長いモニタケーブル、長いUSBケーブルを買う羽目に。ケーブルの買い替えだけで5,000円近くの想定外の出費。てか、firewireケーブル4.5mで2,400円って高すぎだろ…。(ケーブル滅茶苦茶太い、フェライトコア滅茶苦茶でかい)


↓4.5mのfirewireケーブル(IEEE1394a 6ピン-6ピン、2,400円)
wagon04.png


パソコンの配置換えは計画的に。


posted by はっさく君 at 04:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする