2015年05月24日

スーパーGT2015・第二戦富士を観戦してきました。(後編)



どうもこんにちは。はっさく君 です。
随分間が開きましたが、前回のスーパーGT観戦の続きです。
もはや記憶が曖昧…。(汗


>前編はこちら。


12:00〜12:40はピットウォーク。 これまた別料金
ピットレーンを開放し、ドライバーと触れ合って下さいというイベント。ドライバーがチームのピット前に出てくれていて、サインを貰えたり、チームによってはイベントをしていたり。NISMOとか初音ミクチームのような人気チームだと、もうアイドルのサイン会かと…。


見よ、この混み具合!

2015gt2-fuji13.png

人気チーム前だと満員電車並みで身動きがまったく取れません。どうしても行きたかったチームを2件(うち1件は勿論プリウスを走らせるapr)回ったら、それだけで時間切れに(涙


WedsSportのピット正面。(イベント撤収済み)

2015gt2-fuji14.png


そして14時頃からグリッドウォーク(約20分間)。
レーススタート直前も直前、レーシングカーが並んだスターティンググリッド上に入れるという、スペシャルなイベントです。スーパーGTのTV中継開始時、グリッド上にやたら人が多いのは、丁度このイベントが行われている為。ここまでファンがクルマやレーサーに近付けるビッグレースは、スーパーGTくらいでしょうね。

…そしてやっぱり別料金。(何

ピットウォーク程ではありませんが、やっぱり人が多いです。マシンが人に埋もれている…。

スタート直前、マシンが並んだホームストレート上の風景(には見えない)
2015gt2-fuji15.png


今年からセーフティーカーになったLEXUS RC F。カッコイイ。

2015gt2-fuji16.png


静岡県警による、パトカー&白バイのパレードラン(スタンバイ中)。

2015gt2-fuji17.png


国内人気No.1ドライバー・脇坂寿一を擁するWedsSportのRC F。人だかりがすごい。

2015gt2-fuji18.png


人だかりの中のGSR初音ミク号。やっぱり人だかりすごい。

2015gt2-fuji19.png


はっさく君 の愛車86とは似ても似つかぬ、トヨタ86レースカー。
今年から始まった共通カーボンモノコック日産製LMP2エンジンに86に似せた皮だけ被せた、見た目だけ86(マザーシャシー86)です。今回は3台出走しています。

2015gt2-fuji20.png


そして…

本日のポールシッター、我等がプリウス!

2015gt2-fuji21.png

V8・3.4L・500馬力以上のレース専用エンジン後部座席部分に積んだ、ミッドシップの純レースカー! エコカーらしさのかけらもありませんが、市販のハイブリッドシステムを一部流用していて、加速や燃費に有利!(らしい)

ここまで来ると、見た目だけ86(マザーシャシー86)が可愛く思えてきた…。


精悍な後姿。

2015gt2-fuji22.png


さて、ようやく決勝レースが始まります。

はっさく君 は事前にグランドスタンド2階の3列目の指定席を確保(別料金)。ちょっと手摺が邪魔だけど、なかなか良い眺めです。

2015gt2-fuji23.png


直線スピードに劣る我等がプリウスは、スタートライン直前まで後続を引き連れてゆっくりと走行。

2015gt2-fuji24.png


そしてレースが本格的にスタートします。耳を劈く超爆音! これが生か! 感動でちょっと泣きそうです。高いお金払って来てよかった!



ピット作業中のB-MAXのGT-R。この時点でプリウスと首位争い中。

2015gt2-fuji25.png

しばらく場内実況や大型TVモニタを眺めつつ、ハラハラしつつ状況を眺めます・・・が、さすがに500Kmの長丁場なので、あちこち回ってみます。グランドスタンド以外でも、草地で観戦している人も多いですね。ダンロップコーナーはかなり長くクルマを観ていられていい感じ。

2015gt2-fuji26.png

こういった低速コーナー付近で観戦していると、GT-R勢のターボのアフターファイア(?)の「バババっ!」て音がすごい。でもBRZがエキゾーストが一番うるさいと感じたのは私だけ?


…レース結果は、プリウスは4位入賞

最初から最後まで地味〜に速かったGAINAR GT-Rがぶっちぎりの1位。
トップからバーストで一度は沈んだものの、終盤に異常にペースを上げたB-MAX GT-Rが2位。
ラスト3週の大失速で一度は2位から4位まで後退したGAINAR SLSが、直後のプリウスの単独スピン(しかも最終周!)のおかげでラッキーの表彰台3位。

終盤のGT-R、SLS、プリウスの接触しながらのアツいバトルは見ごたえがありましたが、SLSを抜いた直後、最終周のスピンは、思わず絶叫してしまいました。


でもまだまだポイントリーダーはプリウス
次戦のタイでも優勝目指して頑張って貰いましょう。

え? GT500? あんまり興味ないな…。


表彰式。グランドスタンド2階からだと、豆粒で見えない。

2015gt2-fuji27.png


表彰台の下から見た図(下まで行けます)。見えない…。

2015gt2-fuji28.png


レース終了直後から、帰れるチームは撤収作業が始まっています。

2015gt2-fuji29.png


レース終了後のコースウォーク。開催区間である、ピット出口からダンロップコーナーまでを歩いてみました。

2015gt2-fuji30.png


夕焼けに染まるレーシングコースと富士山の対比が綺麗。

2015gt2-fuji31.png


溶けたタイヤで、路面がとてもねちゃねちゃしています。コーナーにはタイヤ跡がくっきり、タイヤカスだらけ。靴に違和感を覚えて靴の裏を見たら、でっかいタイヤカスがくっついてました。確かにこれがタイヤにくっついたら走りに影響が出そう…。

2015gt2-fuji32.png


コースとエスケープゾーンの間の緑色のところは、玄関とか庭にありそうな樹脂の人工芝でした。豆知識が増えた…。

2015gt2-fuji33.png



これですべてのスケジュールが終了しました。
でもこれで終わらないのが連休中のイベント。帰るのが一苦労です。

夜19時を過ぎても、場内は絶賛渋滞中。疲れていたので適当に駐車場で一眠りしてから出ます。私が会場を出たのが21時頃。さすがに場内に残っている車は疎ら。といってもゴールデンウィークの東名高速は渋滞してますけどね…。



今後、このゴールデンウィークのスーパーGT・富士に行かれる方へ。

晴れていると長袖&長ズボン、帽子は必須(チームキャップ等は現地のショップで調達可能)。かなりの距離を歩きますので、靴は動きやすいスニーカー等で。当日、気温は20度以上でしたが、メインスタンドに座っいると結構肌寒かったので、気持ち厚手の羽織れるものがあれば良いです。
もし雨が降ったら、混み合う会場において傘はとても周りの迷惑になるので、必ず雨合羽持参で。コンビニで1,000円以下で売られてます。

また、サーキット場内では順位等を知るための情報が少なく困りました。スタンド前大型モニターの文字は遠すぎて見えないし、パドックエリアにはそもそもTVモニタすらありません。リアルタイムの順位、ラップ等が観れる公式(有料)サイトや公式(有料)アプリがあった方が良いですね。

後から知ったスーパーGT公式iOS向けアプリ「SUPER GT 2015 Timing App」
https://itunes.apple.com/jp/app/super-gt-2015-timing-app/id522039303?mt=8

スマホで写真とか撮る人なら、スマホの充電器は必須。

食料事情については、選り好みし過ぎなければ現地調達できます。ただしB級グルメばかりで、お値段もイベント会場価格(お高め)ですが。飲料の自販機は一般的な定価(選り好みさえしなければ、飲料がまったく確保できないってことはない)。直射日光の下歩くことが多いです。水分補給はしっかりと
トイレは場内に沢山あります。多少並びますが、トイレ待ち時間30分なんていう悲劇は無いです。

後は、必要であれば、タオル、オペラグラス、選手にサインを書いて貰いたいグッズ等、お好みで。



最後に。


はっさく君が支払った費用。(税込、交通費除く)


・一般駐車券(4輪) 1,600円(当日)

・グリッドウォークパス 19,100円(前売)
(観戦料、パドックパス、ピットウォークパス、スタート直前グリッド入場券含む)

・メインスタンド2階指定席 2,100円(前売)

・公式ガイド 1,000円(当日)
(無くても観戦はできます)


以上、合計 23,800円也


高速代やガソリン代や飲食費を入れたら、3万5千円以上…(汗


でも楽しかったです。また観戦に来たいですね。


ちなみに場内に入るだけなら5,700円で済みます(前売観戦券のみ、予選日&決勝日の2日間有効)。次回はそれでいいや…(←貧乏人)


posted by はっさく君 at 21:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月07日

スーパーGT2015・第二戦富士を観戦してきました。(前編)



今日でゴールデンウィークが終わってしまう不幸な皆様、こんにちは。はっさく君 です。


国内の自動車レースシリーズとしては最大の人気を誇るスーパーGT。そのシリーズ第二戦・富士スピードウェイに“生”観戦に行って来ました。


現地で買える公式ガイド(1,000円)↓

2015gt2-fuji01.png


グランツーリスモがきっかけで、スーパーGTに本格的に興味を持って4年。これまではテレビ観戦ばかりで、サーキットでの生観戦は初めてです。5月2日(土)の予選日、3日(日)の決勝日の2日間の日程で行われますが、はっさく君 は決勝日のみの観戦。(2日はド平日だから仕事あるし)

前日、はっさく君 が応援するゲテモノプリウスことプリウスGT予選でポールを獲ったこともあり、それはもうすごいテンションで会場入りしました。

プリウスGTについて詳しくはこちら↓
(GT公式) http://supergt.net/tandds/team/2015/203
(過去ブログ) http://hassaku-kun.seesaa.net/article/284685135.html


毎年、この第二戦はゴールデンウィークの真っ只中での開催。なので、渋滞を避けるために深夜に出発、着いたら4時半。2日から3日にかけて、入場ゲートは夜中でも入場可能です。

2015gt2-fuji02.png


良い天気、観戦日和です。そして決勝日だけで約58,000人が来場したらしい。ここはディズニーランドか。(何

2015gt2-fuji03.png


当然、駐車場の車の台数もすごい。それを写真に撮ってたら、隣でTOM'Sのロシター選手が同じ写真撮ってた(汗

2015gt2-fuji05.png


会場内には沢山の売店が。B級グルメばかりですが、食べる物には困りません。飲み物の自販機は売り切れが多くてちょっと困るかもね…。(ジュースやスポドリ系はすぐ売り切れる。お茶や水は割と普通に残ってた)


会場のスーパーGT公式イベントステージ。ここ以外にも、グランドスタンド裏イベントスペースには、メーカー・ショップ独自のステージがいくつもあります。

2015gt2-fuji06.png


GT500の共通モノコック(東レ製)の展示も。レクサスもホンダも日産も、GT500車両はすべてこのモノコックをベースに車を製作しています。ドイツのDTMでも、ベンツ、BMW、アウディが同じものを使っているらしい。言い換えると、GT500クラスでこのクルマはGT-RだとかNSXだとかRC Fだとか謳っていても、所詮それっぽい皮を被せただけの別のレーシングカーってことですが・・・それは今に始まったことではない(汗

2015gt2-fuji07.png


グッドスマイルレーシング(GSR・初音ミクの痛車チーム)のショップ。
ここだけ見たらサーキット内とは思えませんが、超有名選手&監督を擁する昨年のGT300チャンピオンなんです。

2015gt2-fuji08.png


パドックエリアにも行ってきました。

パドックエリアはピットビルの裏側(グランドスタンドと逆側)の駐車場エリアで、チーム関係者のテントとかモーターホームとかトランポとかがいる場所です。スーパーGTでは一般客でもこのエリアに入れますが(勿論ピット内とかテントとか関係車両には入っちゃだめですよ!)地味にお高いパドックパスを購入する必要があります。ま、こういう雰囲気が好きな人はどうぞ。意外に有名選手があちらこちらほっつき歩いてます。


パドックエリア内、スバルのトランポ↓。こういうのが大量に並んでます。

2015gt2-fuji09.png


プリウスGTを走らせる古豪チームaprのピット裏。何も見えない…。↓

2015gt2-fuji10.png


サポートレース、ポルシェカレラカップの車両も置かれています。当日はスーパーGTのレースだけでなく、こういった車のレースも同時開催されてます。(ヴィッツレース、F4)

2015gt2-fuji34.png


9:00〜9:30は朝のフリー走行


去年からGSRと別れたBMW Sports Trophy Team StudieのZ4。ほとんどワークスカラー。

2015gt2-fuji35.png


スバル党に大人気、R&D SPORTのBRZ。

2015gt2-fuji11.png


そして、

我等がプリウス!

2015gt2-fuji12.png


朝のフリー走行のタイムも、プリウスは1位
デビュー4年目を迎えたプリウスGTですが、去年までは速さはあるものの信頼性に苦しみ、チャンピオン争いには絡めていませんでしたが・・・今年は前戦・岡山で優勝しています。今年のプリウスは去年までとは違いそう。しかもここはプリウスお得意の富士。うん、これは期待が膨らみます


後編 に続く。


posted by はっさく君 at 03:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする