2014年11月26日

SoundsOnline、ブラックフライデー2014セール中。



こんな残念なブログを見て下さっている不幸な皆様、どうもこんにちは。
最近、味噌ラーメンにはバターコーンじゃなくて野菜だ!! ということに気付いた はっさく君 です。
うん、すごくどうでもいい…。


さて。

QLSOでおなじみ、EastWest/SoundsOnline のセール情報です。


sosale141125a.png

セール特設ページ: http://www.soundsonline.com/CCC3-GOLD

ブラックフライデー絡みのセールです。
というか、今やってる「1本買ったらもう一本無料セール」は、ブラックフライデーとは関係なかったのね…。

ちなみにブラックフライデーとは、毎年11月の第4金曜日にあらゆるお店が一斉にセールをするアメリカの文化のこと(はっさく君的認識なので間違ってたらゴメンナサイ)。DTMソフトの通販でも、毎年その前後の期間に多くのメーカーがセールを実施しています。


で、今回のセール内容は、
CCC3(Gold、PROとも)購入時、カートの中の画面において、クーポンコードを書く欄に「BLAKFRIDAY」 「EWGIFTCOUPON100」と入力すると、トータル金額から“更に”100ドル値引きされる・・・というもの。


@の枠に「BLAKFRIDAY」 「EWGIFTCOUPON100」と入力してAのボタンをクリックすると
sosale141125b.png


Bに値引額が表示されます。
sosale141125c.png


CCC2に比べると微妙に割高感があったCCC3ですが、今回のセール(クーポン適用時)では、夏にやってたCCC3のセールと同程度の価格に戻ってる・・・ような気がする(新作以外)。確証はありませんが。

セール期限の明示はありませんが、「BLACK FRIDAY WEEK」って書いてるくらいだから、今週いっぱいじゃないかなぁ?

<2014.12.21 追記> セール期間は2014年12月31日迄。


そしてこのセールと平行して「1本買ったらもう一本無料セール」も変わらず継続中。(こちらは2014年11月30日迄)

ちなみにこのCCC3限定のはずのクーポンコード「BLAKFRIDAY」 「EWGIFTCOUPON100」ですが、25日現在、200ドル以上の取引すべてに適応できるようで。単品で買うのは勿論、前述の「1本買ったら〜」セールにも適用できるようです。うーん、不具合かな?
実際に購入するところまでは試していませんが、試す人は自己責任でどうぞー。


<2014.11.30.追記>
CCC3限定ではなかったみたいですね。200ドル以上の取引に対して更に100ドル引きと明記されました。
例えば、QLSO金の定価は495ドルですが、普段はその24%引きの375ドルで売られています。このセール期間内は、クーポンコード使用でそこから更に100ドル引きの、275ドルで買えるってこと。
なお、クーポンコードも 「EWGIFTCOUPON100」 に変更されてます。


<2015.1.11.追記>
このセールは終了済みです。



posted by はっさく君 at 01:25| Comment(0) | セール関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月25日

TGRF2014に行ってきました。



いつもこんな残念なブログを見て下さっている皆様、どうもこんにちは。
最近、晩飯に牛丼の並(卵&野菜付き)が重たく感じる はっさく君 です。 うーん、歳かなー。(涙


さて。

2014年11月24日に開催されたトヨタのモータースポーツイベント、

TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2014(TGRF2014)

に行ってきました。

tgrf14-00.png

公式サイト: http://tgrf.jp/

毎年富士スピードウェイを貸し切って行われるこのクルマのお祭りイベント。今年活躍したトヨタ系のレース、ラリー、ドリフト車両のデモ走行(同乗体験も)、86レースやタイムアタックの他、参加者が実際に自分でクルマを運転するイベントもたくさん用意されていました。

はっさく君 はゲートオープンのAM5:30頃、愛車86で到着。
全然アテにならない交通誘導員さん(怒)の指示に右往左往しながら入場します。

正面ゲート。まだ暗いです。そしてこの先めっちゃ混んでます。駐車場に辿り着くまでがまず大変

tgrf14-01.png


色々楽しんできたのですが、1日で全然回りきれないし書ききれないので、特に楽しかったイベントをいくつか。


「DRIVING KIDS 走行体験パーク」内にて。

KIDSといっても、お子様向けのイベントではありません。「走り大好き小僧」って意味らしいです。
ここでは参加者が実際にクルマを操って楽しめるイベントが多数行われていました。

tgrf14-02.png

↑「DRIVING KIDS 走行体験パーク」総合受付。 この日は雲ひとつ無い快晴で、ホント行楽日和でした。


■SNOW DRIVE

tgrf14-03.png

助手席のインストラクターの指示に従い、圧雪路を再現した、とんでもなく滑りやすい路面を運転するというもの。クルマは86(MT)、マークX(AT)から選べるので、迷わず86を選択。

最初にインストラクターが「シートはここで合わせて、エンジンスタートはこのボタンを…」と説明してくれますが、うん、勿論知ってますよ。

始めにトラクションコントロールやらの制御類をかけた状態でコースを一周します。「ドドドド…」と、あからさまに制御が掛かってるのが分かり、でも感覚的には割と普通に運転できます。今まで制御のお世話になることなんてなかったけど、制御掛かった状態ってこんな感覚なんだ。意外と普通にコントロールできたのが印象的。

そして次の周回から制御をすべて外して走ります。すると…

はっさく君「あーれー、滑る滑る、回る回る〜〜♪」

もう、なんだこりゃ!? ってくらいに滑る! コーナー途中にアクセル踏んだとたんに後輪がズルッと。一度滑り始めてしまうと、カウンター当てようが、クラッチやらブレーキやらアクセルやらを踏もうが、まるでそれが決められた動きのように、ゆっくりと180度回り真後ろを向いて止まります。
あわよくば格好良くカウンター当ててドリフトっぽく・・・なんて考えてたけど、とんでもない。全然コントロールできません。また逆に、ちょっとでもオーバースピードでコーナーに進入しようとすると、前輪が滑ってしまったのか、ハンドルをいくら切ってもクルマは真っ直ぐにしか進まず、そのままコースアウト。
うーん、グランツーリスモではよくやっちゃうけど、ホントに実車がこんな挙動するのか半信半疑だったのですが・・・自分が実車でゲームそのまんまな挙動を再現できたことに感動。助手席のインストラクターがコントロールするコツを教えてくれますが、楽しくて何度もスピンさせてしまいました。(何

なお、このコース、走行路外は滑らないようになっていて、コースアウトした途端にコントロールが戻るので、とても安全に圧雪路を体験できる、すごい設備です。さすがトヨタ。


■THE GATE

tgrf14-04.png

コース上に設置された、5箇所の狭いゲート(ダンボール製)の間をぶつからずに通過していくタイムアタック競技。ゲートはかなり狭く、しかも曲がりながら潜らなければならないので内輪差の見極めも重要。練習無しの一発勝負で、ゲートに接触する毎に「ドゴーーーン♪」という効果音とともにペナルティ10秒が加算されます。
競技車はアルファード、ヴェルファイア、ボクシィ、ノアといったでかいクルマばかり。

なお、目標タイムは、
  • Sランク:1分未満
  • Aランク:1分〜1分30秒
  • Bランク:1分30秒以上
日頃大きなクルマを運転しない はっさく君 は、比較的細めのボクシィを選択。いや、それでも十分でかいし長いし…。

tgrf14-05.png

受付のおにーさん、おねーさんとハイタッチして、いざスタート。超慎重に運転する はっさく君。だって下手に傷つけたら弁償とか怖いし。また、競技中はインストラクターが助手席でアドバイスをくれます。集中しすぎてあんまり聞いてないけど(汗
おかげでノーペナルティでクリアしたものの、タイムは激遅の1分37秒、Bランク(涙
まあ、他の参加者は結構気軽に(?)ぶつけてますが。


■i-ROAD 試乗

tgrf14-06.png

トヨタが売り込もうとしている次世代の一人乗りの電気自動車(バイク?)。まだテスト段階の代物で、こんな機会でないと一般人は乗る機会がありません。
位置付けは自動車のバイクの中間。小さいので、実用化されれば渋滞や駐車場不足にも強そうですが…。

うーん、これは走ってて楽しくないなー。プリウスを更に酷くしたような感じ。自分で操ってる感がまるで無い。

運転席には自動車と同じのハンドル、アクセル、ブレーキ、踏み式サイドブレーキが付いてるし、AT車特有のクリープも起こるし、走り出しはEV走行中のプリウスと同じ電気な感覚。
でもハンドルを切った際に、車体がバイクのように傾くのがどうにも不思議。これはコンピュータ制御で自動で傾きます。係員の人はその制御の素晴らしさや安全性をしきりに強調していました。実際、自動車を運転できてi-ROADを運転出来ない人はいないでしょうし(それ程普通に操れた)、この車モドキがいかに“使える”ものかは理解できるのですが・・・、好んでMT車に乗るような古い人間(←はっさく君)としては、うーん(汗



それにしても、TGRF2014、とても楽しめました
楽しい体験もできたし、興味深いクルマや、プロのすごいパフォーマンスも観れたし。
プロドライバーとの距離も近く、すぐ隣にスーパーGTのGT300チャンピオン谷口信輝氏がいたり(汗

何よりも係員さんの、参加者を楽しませようという気概が溢れていたのが印象的。(交通誘導員さん除く)
また、86アカデミーでもそうでしたが、SNSでの拡散をとても意識してました。クルマ離れが進んでいると言われていますが、その中でトヨタは本気でクルマ好きを増やそうとしているのですねー。

来年も開催されるなら、また来たいです。帰りの大渋滞は勘弁ですが…。(←東名高速で30kmの渋滞に嵌った)

tgrf14-07.png


会場に展示されていた車両のひとつ、LEXUS RC F GT3。↓

tgrf14-08.png

FIA GT3車両なので、来年スーパーGTで走るかな?


タグ:TGRF2014
posted by はっさく君 at 04:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

コントロールテクニックプログラム、12月開催の参加者募集中。


こんな残念なブログを見て下さっている不幸な皆様、こんにちは。はっさく君 です。

昨日結晶が行われた、スーパーGT2014 最終戦・ツインリンクもてぎ。
我等がゲテモノプリウス2位表彰台! 今年も相変わらずマシンの信頼性に苦しみ、タイトル争いには絡めませんでしたが、今年2度目の2位、おめでとうございます。来年もプリウスGTで走ってくれるのかなー? でも走るならもうちょっと格好いいカラーリングがいいなー(何

また今年のドライバーズタイトルGOODSMILE RACING 初音ミク号 のお二人。 おめでとうございます。 でもチームタイトルはGAINERが獲ってるのですが、こちらは完全に2位ムード。 この(おめでたさの)違いって何だろう…?(プロ野球でいう、リーグ優勝と日本シリーズ勝者の違いみたいなもの?)


さて。


このブログでも何度も紹介している素人向けドラテク講座「86アカデミー・コントロールテクニックプログラム」が、12月開催の参加者を募集しているようです。

86ctps1.png
https://toyota-86.jp/86society/86academy/about.html


この講座はトヨタが主催するもので、モータースポーツの初心者がスポーツ走行の入り口に触ることが出来るというもの。教習車の86を使い、クルマを意図的に滑らせてコントロールすることを体験できます。
  • 場所が東京・お台場というアクセスの良さ
  • 平日の夜に開催 & 手ぶらでも全然OKというお手軽さ
  • 参加者が自分でクルマを滑らせるという非日常体験
というのがこのドラテク講座のいいところ。


今回の開催は、初めての方向けのブロンズクラスが1回、ブロンズの合格者が参加できるシルバークラスが1回。


開催概要↓
 ・ 開催日 <ブロンズクラス>2014年12月19日(金)19:00〜
<シルバークラス>2014年12月26日(金)19:00〜
 ・ 開催場所 「MEGA WEB」(東京・お台場) (ブロンズ・シルバーとも)
 ・ 参加費 10,800円(税込み) (ブロンズ・シルバーとも)


以下の応募受付ページから応募できます。毎回定員を超える応募があるらしく、参加者は抽選になるようです。(当選者には応募締め切り2日後くらいに当選メールが来る。応募受付メールとかは来ません)

ブロンズクラス(初めての人はコチラから)↓
https://toyota-86.jp/86society/86academy/controltech.html

シルバークラス(ブロンズ合格者のみ応募可)↓
https://toyota-86.jp/86society/86academy/controltechhiclass.html



なお、はっさく君 が実際に参加した時の記事はコチラ。↓

>ブロンズクラスに参加してきました。
http://hassaku-kun.seesaa.net/article/373677706.html

>シルバークラスに参加してきました。
http://hassaku-kun.seesaa.net/article/404289734.html


クルマの運転が好きな人なら楽しめると思います。
はっさく君 は合格できなかったシルバークラスでリベンジを果たしたいところですが、ブラック企業勤めサラリーマンにド平日開催は厳しいよ…。(涙


posted by はっさく君 at 02:30| Comment(0) | トヨタ86 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする