2014年08月25日

コントロールテクニックプログラム・シルバークラスに参加してきました。


どうもこんにちは、はっさく君 です。
少しずつ涼しくなっている気がしますが、皆様残暑いかがお過ごしでしょうか。

今週末のF1ベルギーGPは、ケータハムの小林可夢偉に代わってアンドレ・ロッテラーが乗りましたねー。結果は序盤でリタイアでしたが(メカトラブル?)。貧乏チームがより資金力のあるドライバーにF1シートの権利を売って資金を稼ぐ、いわゆるペイドライバーの起用というやつです。ロッテラーは日本でも人気で活躍している強いドライバーですが・・・うーん、このままだと日本GP、可夢偉は出走できるのかとても心配…(汗


さて。

何度かこのブログでも紹介している素人向けドラテク講座、
「86アカデミー・コントロールテクニックプログラム」

86ctps1.png
https://toyota-86.jp/86society/86academy/about.html

このプログラムは、トヨタ主催の、初心者がスポーツ走行の入り口に触れることが出来るというものです。教習車の86を使い、クルマを意図的に滑らせてコントロールする、実践講座・・・実際に、自分でクルマを滑らせるという、普通はちょっと体験できないことができます。


教習車の86(Gグレード、MT)。こいつを実際に自分で滑らせます。↓
86ctps2.png


以前、その“ブロンズクラス”に参加した記事を書きましたが、今回 ブロンズクラス合格者のみ が参加できる上位プログラム“シルバークラス”に参加してきました!

ブロンズクラス(公式サイト)↓
https://toyota-86.jp/86society/86academy/controltech.html

シルバークラス(公式サイト)↓
https://toyota-86.jp/86society/86academy/controltechhiclass.html

前回同様、とても楽しかったので記事にしてみます。


>前回ブロンズクラスに参加(合格)した時の記事↓
http://hassaku-kun.seesaa.net/article/373677706.html


会場は東京・お台場にあるクルマのテーマパーク、MEGA WEB(メガウェブ)内にて。今回は夜19時のスタートです。

slalom02.png

講師は、ラジオDJ等で活躍しつつ、レースにも出ている ピストン西沢氏。
教習車に同乗して下さるインストラクターさんも、86レース・ドリフト等で活躍する現役ドライバーさん達。

完全予約制の講座で、今回の定員は16名。ちなみに、今回約60名もの申し込みからの抽選だったらしい…。(汗
参加者は前回同様、年齢層はピンキリ。“86”アカデミーと銘打たれてますが、86オーナーでなくても普通に参加できるので、実用車乗りの人もいます(とはいえスポーツカー乗りが多いけど)。サーキット走行やジムカーナをやってる人もチラホラ。(いいなー)


そして今回はなんと半分近くが、シルバークラス “再”受講者 (つまり前回不合格者)。

…そうなんです。このシルバークラス、めっちゃ難しいんです。 これまでの合格者はわずか数名! ブロンズクラスでもオマケ合格だったのに、本当に大丈夫か、はっさく君…。(汗


さて、シルバークラスの流れです。

1.ビデオを見ながら、西沢氏はじめインストラクター陣による コント 説明を聞きます。

86ctps3.png



2.Jターンに挑戦!(パイロン1本、1回目)

水を撒いた路面において、ブロンズクラスで学んだサイドターン、アクセルターンを応用した技術を実践。

86ctps4.png

(1)急発進し、(2)スタート地点から10m程先のパイロン位置でサイドターン!(3)このクルマが滑っている状態からクラッチを繋ぎ、アクセルを踏んでアクセルターンに持ち込み、クルマの向きを180度変え、(4)そのまま出口のパイロンに向かってスムーズに(カウンターをなるべく当てずに、回転を上げすぎずに)走り、(5)出口で停止。

成功すると、極めて小さい回転半径で、そして驚くほどスムーズに(3000rpmくらいで)クルマの向きを反転できます。

そして・・・これが難しいのなんの(涙)。(1)〜(4)の動作が、なかなかうまく繋がりません。2台ずつ順番に、1人あたり5回くらいトライできました。

また順番待ち中に、西沢氏のJターン実演に同乗し、Jターンを助手席(or後部座席)で体験。



3.再度Jターンに挑戦!(パイロン1本、2回目)

2と同じJターンに再度挑戦します。トライは1人5回くらい。



4.パイロン2本による、Jターンに挑戦!

これまではターン地点のパイロンが1本でしたが、これが2本に増えます。

86ctps5.png

ただ1本が2本に増えるだけだと思う無かれ。西沢氏曰く 「パイロン1本だと点だが、2本だとそれはコーナーになる。」 とのこと。 やることはあまり変わらないハズなのに、実際やってみると、運転席から見える景色が確かに違います。適度なスライド量にクルマをコントロールするのが難しく、2本目のパイロンを轢いちゃう受講者が続出(はっさく君も轢いた(涙))。その度にパイロン位置を直して下さる運営の皆様、どうもスミマセン…。(汗

コース修復中↓
86ctps6.png



5.インストラクターによるスポーツ走行(ドリフト)の同乗体験。

定常円旋回や8の字ターン等を組み合わせた、いわゆる魅せる走行に同乗。飛ばすところで60km/hくらいで、30〜40秒間くらいの同乗体験。クルマはありえない動きをしますが、インストラクター様は話しながらと余裕綽々です。こんな走行ができたらさぞ楽しそうですが、この走行もプログラムで学んだ内容が基礎になるそうです。



6.今回の合格者発表、西沢氏の締めの一言、アンケート記入して終了。



今回 はっさく君 受講した日の合格者は、わずか2名。 西沢氏曰く、シルバークラス合格者は今はまだ数名だが、合格者が増えれば更に上位の“ゴールドクラス”開催も考えているとのこと。

え? はっさく君 の合否? …もちろん“不合格”でしたよ(涙)。 いやー、Jターン、難しいのなんの…。

でも、最初は 「そんなのできるか!」 って感じでさっぱりでしたが、トライ回数はブロンズクラスと比べると多いこともあり、何度もトライするうちに不合格ながらも一応それっぽくはできるようになりましたし、どんどん楽しくなってきます。 ちなみに今回の参加者も上手下手はあるものの、最後までまったくできなかった人はいませんでした。(はっさく君 は下手な側…)


また、参加していて強く感じたのが、運営側がこのプログラムのソーシャルメディアへの拡散を強く期待していること。プログラムに参加する旨をFacebook等に書き込んだらステッカーを貰えたり、受講者のスマホで動画や写真を撮ってくれたり、西沢氏が講座中にタブレットでプログラムの風景の動画を撮って、その場で自身のFacebookに投稿したり。(笑
最近のトヨタが、こういうクルマの遊び方を草の根活動で本気で広めようとしていることには、はっさく君 的には好感。

投稿したので貰ったステッカー。↓
86ctps8.png


この86アカデミー・コントロールテクニックプログラム(ブロンズクラス/シルバークラス)は、アクセスの良い都心での開催で、長袖長ズボン&運転しやすい服装であれば、手ぶらでも参加可能です(グローブは無料レンタル可、ヘルメットは使いません)86オーナーでなくても普通に参加できます。所要時間は3時間ほど、今回は夏季の開催でしたが、教習車86の車内はクーラー利いているし、野外用クーラーも設置されているし、冷たいコーヒー&お茶コーナーがあったりと快適で、そんなに気張らずに参加できます。 ただ、ほとんどが平日開催なのが、ブラック企業勤めにはちょっと苦しい…。(平日19時前に仕事が終わったことなんて一度も無いよ!)

参加費は1人 10,800円(税込)。


次の開催日はまだ決まってませんが、クルマで遊びたい方にはとてもお勧めです。 クルマの運転が好きな人なら、きっと楽しめるはず。
はっさく君 も次回、再挑戦したいなー…。



おまけ。

MEGA WEB 内で見つけた86のオープンカー版、“86オープンコンセプト”。↓

86ctps7.png


うーん、需要はあるかもだけど、びみょー…。


posted by はっさく君 at 03:46| Comment(0) | トヨタ86 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月16日

新曲「迷走戦闘曲(仮)」、公開。



お盆休みの間に、あれもやろう、これもやろうと意気込んだはいいものの、結局自宅でネットなんか見てしまっている不幸な皆様、どうもこんにちは。 寝正月、寝GW、寝お盆が基本の はっさく君 です。(何

会社の同僚の結婚式で貰った引出物のカタログギフト。長らく放置していたのですが、なんとなくこんなの選んでみました。


こんなの。↓


kaeru.png

陶器の置物です。 可愛いでしょ? この、見るからに実用性ゼロってところが。(何


さて。


新曲を作ってみました。

今回はゲーム曲風オーケストラもどきです。


「迷走戦闘曲(仮)」 by はっさく君 (1:48)



以前公開した「Erzählung」のフレーズの別展開バージョンです。

作り始めたはいいものの、1年以上にも渡って迷走に迷走を重ねた挙句、結局何がやりたいのか分からない曲になったけど、そのまま捨てるにはもったいないし、とりあえず形にはなったので、公開することにします。 うーん…。

bosoc2-pr.png


---------------↓以下、恒例のウンチク・・・というより言い訳なので、読まなくてOK。↓----------------

すべて、SONAR X3 Producer 上での、MIDI打ち込みです。

使用音源はいつもの QLSO を中心に、Hollywood Orchestral Woodwinds、Ministry of Rock、D-Pro、他。25トラックもあるし、1年以上いじくり回してるので、もうどこに何を使ったかさっぱり(汗

Erzählung」と同時期に構想した兄弟曲ですが、「Erzählung」はうまく収束してM3頒布CDにも収録されたのに、こちらは色々詰め込みすぎた結果、なんだかよく分からんことになってしまいました(涙

特に頑張ったのは、0:55からループする場所まで。 聴かせどころなので頑張りすぎたせいか・・・ごちゃごちゃで何が何だか。

ここのギターはMIDI打ち込みです。“Ministry of Rock” のレスポールのリードギター音色に、SONAR X3 Producer付属のギター用総合エフェクター、“TH2 Producer”を使用。はっさく君はギターは分からないので、アンプシュミレーターなんて使い方がさっぱりですが、とりあえずリードギターらしい太い音になりました(多分)。 なお、ギター弾きの友人曰く、実際のギターにはこんな高音フレーズは出せない(高音部のフレットが足りない) とのことですが、はっさく君 はギターは分からないので(以下略

TH2 Producer の画面↓。なんだこりゃ…。(ギタリストには理解できるらしい…)
bosoc2-th2.png

0:30からのフルートのメロディと0:55からのコーラスは、本当はボカロに歌わせたかったのですが、ボカロ持ってないし、そもそも はっさく君 は歌詞なんざ書けないので、現状で代用。 でも、ボカロはただバックコーラスで「あーあーあー♪」と歌わせるだけでも十分に買う価値がある、素晴らしいソフトだと思います。ただ、あの女性キャラクターがでかでかと書かれたパッケージが、はっさく君 にボカロ購入を躊躇させていますが…。(いい年の おぢさん には、アレは色々とキツい…)

なお、このフルートは最近買った “Hollywood Orchestral Woodwinds” の音。EQで高音を持ち上げていますが、それでもQLSOのフルートと比べると、オケに飲み込まれない、とてもしっかりした音です。でも、たかだかフルート音色が、QLSOでライブラリの読み込み時間が最も長い“Steinway B”の倍以上って、どうなの…(汗

しかし、ここまで詰め込んでも迫力不足なのが悲しい。なんでかなー…(涙

------------------------------(↑言い訳ここまで↑)------------------------------



さて、今日から帰省です。 朝早い飛行機だし、さっさと寝よう…。


posted by はっさく君 at 01:35| Comment(2) | DTM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月14日

ハイレゾ社、QLSO&Hollywoodシリーズの国内セール中。



いくらお盆休みで暇だからって、こんなブログを見てしまった不幸な皆様、こんにちは。 はっさく君 です。

はっさく君 の会社もようやくお盆休みに入って、久々に GT6(グランツーリスモ6・レースゲーム)でもやるかと思ったら、2GB越えのアップデートパッチのダウンロードに愕然とした今日この頃。ゲームで2GBって、EastWestの音源じゃないんだから…。(汗

gt6updl140812.png


さて。

セール情報です。 相変わらず情報遅いけど。

EastWestの正規国内販売代理店・ハイレゾ社 で、EastWest製品のセールやってます。
セールの画像を見る限り、EastWestの米国本家通販サイト SoundsOnline (英語)の夏季セールに連動しているようです。 (本家に比べると内容がかなり限定的ですが…)

hrsale140813.png
http://www.h-resolution.com/EastWest/EW_Hollywood_Orchestra_Campaign.html


国内の店舗や通販で買える (←ここ重要) QLSO、およびHollywoodシリーズ各種がセール価格になってます。

具体的には、

タイトル 通常価格   セール価格 (値引率)
QLSO 白金+ 92,664円  →  81,864円 (20% OFF!)
QLSO 金 50,544円  →  41,040円 (20% OFF!)
QLSO 銀 19,440円  →  15,984円 (20% OFF!)
Hollowood各種 Diamond 146,664円  →  69,984円 (55% OFF!)
Hollowood各種 Gold 69,984円  →  42,984円 (40% OFF!)

(価格はサウンドハウス通販価格(税込)より)


期間は明記されていませんが、数量限定で、満了(売り切れ)次第終了とのこと。


セールといえど、本家 SoundsOnline の直販価格と比べたらすごく見劣りする価格ですし、国内で買ってもソフトが日本語化される訳でもなければ、ユーザー登録やアップデートで結局SoundsOnlineを頼ることになります。それでも、どーしても国内版を買いたい方はどうぞー。Hollywood(ダイヤ版)の値下げ率だけはなかなかすごいです。


参考までに、ハイレゾ社とSoundsOnlineの今の価格差

タイトル 国内ハイレゾ価格
(セール価格)
  SoundsOnline
直販価格

(セール価格)
(差額)
QLSO 白金+ 81,864円  →  約52,000円 (△約30,000円)
QLSO 金 41,040円  →  約26,000円 (△約15,000円)
QLSO 銀 15,984円  →  約11,000円 (△約5,000円)
Hollowood各種 Diamond 69,984円  →  約42,000円 (△約28,000円)
Hollowood各種 Gold 42,984円  →  約26,000円 (△約17,000円)

(1ドル=105円で計算、送料除く(アメリカからの送料は3〜4千円くらいかな…))


これでも昔と比べると、円安で価格差が “ものすごく” 縮まっているのです。 これでも…。(汗

本家SoundsOnlineではパッケージ販売だけでなく、ダウンロード版(金・銀のみ)もあるので、買えばすぐに使えます。また、情報は新しいし、他のソフトも安くなってるし、日本国内では行われていないアップグレード販売もあるので、EastWest製品を狙っている人なら買う買わないは別にして、本家もマメに確認することをお勧めします

>(参考)SoundsOnlineから買った時の記事。


…こんなこと書いてハイレゾ社から警告来ないかな(汗


posted by はっさく君 at 00:48| Comment(0) | セール関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする