2013年04月29日

プリウス勝った!


ついに。

ついに この時 が来ました。

このブログで何度かご紹介している 超速いプリウス こと、

「Panasonic apr PRIUS GT(プリウスGT)」


プリウスGT その1
↑写真は2012年仕様。この時はメインスポンサーが異なり、名称も「apr HASEPRO PRIUS GT」だった。
2012年仕様の方が、カラーリングが格好良かったなー(何

>過去記事→ その1 その2 その3


本日決勝レースが行われた、スーパーGT 2013 第2戦・富士スピードウェイ GT300クラス


 優勝!!


おめでとうございます!(拍手〜)

ちなみに証拠。↓
スーパーGT公式リザルト


ご存知ない方の為に簡単に説明すると…

スーパーGTとは国内最高峰(多分)の、市販車を大幅に改造した車で争われるレースシリーズ。トヨタ(レクサス)、日産、ホンダの3大ワークスで争われる上位クラス(GT500クラス)と、プライベーターを中心に、ポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニ、BRZといった国内外の多様な改造車で争われる下位クラス(GT300クラス)の混走で、クラスごとの年間タイトルを争います。

プリウスGTは、そのGT300クラスに去年から参戦している、プリウスをベースにしたレーシングカーです。もちろんハイブリッドシステム搭載。昨年は“ポルシェやフェラーリに混じってエコカー”というゲテモノ的存在感だけでなく、第6戦の富士では3度のスピンを喫しながらも2位入賞するなど、速さの面でも大健闘していました。


そして今日、大混戦を制しての 初優勝


トヨタやビッグスポンサー(松下)が付いていたり、

レギュレーション上有利だったり、

プリウスなのにレース用3.4L V8エンジン(500馬力以上)を積んでいたり、

プリウスなのにエンジンを運転席の後ろに積んでいたり(ミッドシップ)、

っていうか、もはやプリウスの皮を被せただけの別の車だったりしても、


日本中どこでも見かけるエコカー(見た目だけですが…)が、世界のスーパーカーを抑えて優勝なんて、なかなか痛快じゃないですか。

次は年間タイトルを目指して頑張って欲しいです。


ちなみに はっさく君 は市販のプリウス(本物)の運転は苦手。あのモーターの不思議な加速感がどうにも慣れません…。


posted by はっさく君 at 23:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月28日

おからだから。(バタークッキー味)


世の中「ごーるでんうぃーく」なるものに浮かれているようですが、多忙で不幸な皆様はいかがお過ごしでしょうか。 寝正月・寝お盆・寝GW が標準の はっさく君 です。 ああ眠い…zzz(何


さて。

はっさく君 の職場のオフィスグリコ(富山の薬箱式の置き菓子販売)に、おからだからの新味<バタークッキー味>が入っていたので、早速食べてみました。


おからだから <バタークッキー> (江崎グリコ)
おからだから(バタークッキー味)
メーカーHP: http://www.ezaki-glico.com/balance/okaradakara/
オフィスグリコで100円。

おからだから」とは、カロリーメイトとかソイジョイのようなジャンルのお菓子で、おからが入っているのが特徴のソフトクッキーです。詳しくはメーカーHPまたは過去記事参照。

はっさく君 は、かつて存在したバナナ味がとても好きで、忙しい日のお昼ご飯(涙)としてレッドブルと一緒によく食べていたのですが、残念ながらいつの間にか無くなってしまったようで…。


そして試食。

うん、まろやかで美味。でも、はっさく君 のようなおぢさんにはちょっと甘すぎるかな…。
以前あったチーズケーキ味と入れ替えでラインナップに並んだようですが、チーズケーキ味と似た印象で、チーズケーキ味よりは甘さ控えめ?(それでも甘いが)

でも、カロリーメイトよりは上品(?)なお味で、1個ずつ袋入りで、ボロボロとこぼれにくく書類仕事しながらでも食べやすいのは従来通り。はっさく君 もGW明けの忙しいお昼に役立てようと思います。


バナナ味、復活しないかなー…。

(今は無きバナナ味)↓
okara1.png

posted by はっさく君 at 22:24| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月22日

はっさく君のDTM機材紹介。その7 「サスティンペダル YAMAHA FC5」


不幸にもこんなブログを見て頂いている皆様、こんにちは。はっさく君 です。
なんか、最近あちこちでよく揺れますね。日本でも、世界でも。はっさく君 も一昨年の東日本大震災では、命の危険こそなかったものの結構大変な目に遭ったので、もう地震は懲り懲りです…。


さて。

今回も はっさく君 のような DTMライトユーザー や 初心者向け(多分)に、微妙な機材情報を書いてみようと思います。


シリーズのバックナンバー(何)↓
・ はっさく君のDTM機材紹介。その6 「オーディオセレクター SB-A40」
・ はっさく君のDTM機材紹介。その5 「QL Pianos」
・ はっさく君のDTM機材?紹介。その4 「キャスター付きパソコンスタンド CP-031」
・ はっさく君のDTM機材紹介。その3 「SC-D70」
・ はっさく君のDTM機材紹介。その2 「Ministry Of Rock」
・ はっさく君のDTM機材紹介。その1 「SONAR1」



■サスティンペダル YAMAHA FC5

はっさく君のYAMAHA FC5
YAMAHA商品ページ: http://jp.yamaha.com/products/musical-instruments/keyboards/accessories/footswitches/fc5/
メーカー希望小売価格 1,500円

YAMAHA製のキーボード(鍵盤)に挿して使う サスティンペダル(フットスイッチ形) です。


詳しい仕様はメーカーサイトに任せますが、・・・そもそもサスティンペダルとは、ピアノの演奏者の足元にあるペダルのうち、一番右側のペダルのこと。コレを踏んでいる間は、鍵盤から手を離しても音が持続(鳴りっぱなし)します。電子キーボードやシンセにも同じ機能があって、FC5は電子キーボード用のサスティンペダル、というわけです。理屈派DTMユーザーには、CC64(Hold)のON/OFFスイッチと言った方が伝わるかも…。


そして、はっさく君 が今回言いたいことはただ一つ。


キーボード持ってるなら、絶対サスティンペダルを買え!


打ち込みをするDTMユーザーなら、ほとんどの人が入力用のMIDIキーボード(鍵盤)を持っています。しかし、キーボードを持っていても、サスティンペダルは持っていない人が意外に多いようです。
特に、エレクトーン出身のDTMユーザー。それなりにキーボード演奏スキルを持つ彼らでも、サスティンペダルを軽視する人が結構います(ちなみにエレクトーン付属のサスティンレバーは使い物にならない)。かくいう はっさく君 も、長らくそうだったのですが。


実にもったいない。


DTMユーザーなら、誰もが演奏or打ち込みに挑戦したことであろう楽器、ピアノ
素人でもサスティンペダルを使えば、ピアノに対する価値観が一変します
それ程にまで劇的に、表現の幅が広がるんです。


<ピアノ・サスティン無し(のっぺり)>


<ピアノ・サスティン有り(滑らか)>



多機能だったり本物のピアノの形状に似せたサスティンペダルもありますが、まずはFC5のような安くて単純なフットスイッチ形で十分。FC5なんてたったの1,500円で買えます。

使い方は、DTMユーザーなら、少なくともリアルタイム入力を多少できる人なら、習わずとも本能で分かるはず。
はっさく君 も買ってから半年間は左足でペダルを踏んでいた程の無知っぷりで(右足で踏むのが正解)、それでも我流ながらも使いこなせてしまいました。

ちなみに、サスティンペダルの用途はピアノ曲だけに留まりません。例えば、キーボードでの打ち込みが難しいエレキギターやアコースティックギターも、サスティンペダルを使えば“それっぽく”なることが多く、はっさく君 も多用しています。
例として、ギターのストローク弾きを無理矢理キーボードで弾いてみました。リアルタイム入力、弾いた後の編集は一切無し。下手なのは仕様です。(何

<ギター・サスティン不使用(不自然)>


<ギター・サスティン使用(それっぽい)>


サスティン不使用だと、どうしても鍵盤を離した時の“間”ができてしまいますが、サスティンペダルを使うだけで、少しそれっぽくなります。(あくまで“それっぽく”ですが…)


…という訳で、キーボードを持ってるなら、サスティンペダルは必須。無い人は、騙されたと思って今すぐ(!)買いましょう。たかだか1,500円ですし、絶対損はしません


購入の際の注意点として、手持ちのキーボードのメーカーの純正を買うことを強くお勧めします。異なるメーカーの物を使うと、仕様の違いでON/OFFの設定が逆になることがあるそうなので要注意。
また、サスティンペダルのような足操作をする為には、立って、または椅子に座って演奏するのが前提になりますので、自宅DTM環境がちゃぶ台やコタツの上にある人には流石に厳しいかな…。


MOTIF ES7とFC5
↑はっさく君の MOTIF ES7(キーボード)と FC5(サスティンペダル)。
パソコンとの位置関係で、今でも左足でサスティンペダルを踏むことが多い。(←邪道)


余談ですが、はっさく君 がFC5を買ってから3年間、知らずに裏表を逆に使ってました。その方が床とのグリップが強そうだったので…。(何

MOTIF ES7とFC5
↑YAMAHAロゴが無い方が



それでは皆様、サスティンペダルで良いDTMライフを。(何


posted by はっさく君 at 03:44| Comment(7) | PC・DTM機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする